女性の骨盤

女性と男性でこんなに違う骨盤

男性の骨盤はコップのように縦長で女性の骨盤はブランデーグラスのように丸いカーブの横長の形をしています。女性の骨盤は男性の骨盤に比べるとはるかに骨盤の動きが大きいのです。

また女性の骨盤は
「呼吸のリズム」「1日のリズム」「月経周期のリズム)の中で仙骨と腸骨の間の仙腸関節と左右の恥骨をつなぐ恥骨結合は3mm~5mm程度の僅かな動きで開閉(ユルんだり締まったり)しています

骨盤の開閉リズム

妊娠〜出産までの骨盤の変化

女性の骨盤は妊娠時には最大5センチも開き、子宮は大きくなり下半身のリンパや血流が悪くなり、むくみや腰痛になってしまいます。

また出産後か骨盤が緩み開きっぱなしで正しい状態に戻らないと、ぽっこりお腹やタルんだお尻などの体型の崩れ、腰痛やO脚、尿漏れなどの不調を招きます。

女性は妊娠すると骨盤というのは妊娠3ヶ月頃からリラキシンというホルモンが分泌される。

その作用により少しずつ骨盤が開いてきます。産後はオキシトシンというホルモンが分泌することにより骨盤を締めようとします。 

骨盤が開くと言いますがイメージしてほしいのが『リラキシン』の作用で骨盤の外側を取りまく筋肉が引っ張り、開くというイメージ。

 そして産後は『オキシトシン』の作用で骨盤の内側の筋肉が収縮し、締めようとするので産後はゆっくりと骨盤が締まっていくという原理。

産後の骨盤ダイエット

出産後がカラダをリセットするよいタイミングです

出産後なるべく早ければ効果的です。妊娠中に分泌されるホルモンがあり出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくするために靭帯が伸びやすくなり、従来よりも関節や骨盤の可動が増加するものです。 この妊娠中に分泌されるホルモンは出産後1~2ヶ月で分泌が減っていく為、関節や骨盤の固さも妊娠前に戻っていきます。骨盤は出産後が良く動くので矯正しやすいことは確かですが、大きくなった子宮が収縮するのを待つのがベスト。

1ヶ月検診が終了してから特別問題がなければ、それから骨盤矯正を始めれば十分間に合います

産後1~3ヶ月位から始められる方がほとんどですが、産後1年経ったとしても広がった骨盤を引き締めることは重要です。二人目からの不妊症につながる事もあります。

出産後開いた骨盤を整えるには、骨盤矯正やオイルマッサージ……など体がリラックスする施術を行います。施術の時間を長くしたり少しストレッチやマッサージの圧を強くしたりします。

自宅でも骨盤を整える体操を指導させていただきます。

整体の案内 

オイルマッサージの案内 

体操指導いたします

上記の効果を サポートしてくれるベルトを使った骨盤美容ベルト体操は、日々の骨盤のバランスを整え、体質改善の基礎となります。

*施術を受けた方のみ、体操指導及び販売しています。
¥3,740(税込み)
施術後詳しいセルフケアをお伝えします

 

予約状況 &etc...