sample

肋骨の広がりや肩幅・イカリ肩、バスト左右差や豊胸&バストアップ


肋骨や肩甲骨の歪み、バストとウエストのアンバランスな歪みを手技で整えていきます。肋骨全体の歪みを矯正することでバランスのとれた腰のくびれと自然で美しいバストに。また呼吸がしやすくなり代謝が上がります。肩や脇の血液やリンパの流れが良くなり、酷い肩こりなども改善。
肩こり・四十肩・肋間神経痛・腰のくびれ・バストアップなどにも効果的 。

*ブラジャーの着脱もしくはブラトップへの着替えをオススメいたします。ワイヤーの入ったブラジャー着用したままの施術ですと矯正効果が下がります。その場合は効果が下がることを了解下さい。





肋骨は、定期的に整えないと広がっていきます。





肋骨の広がり・腰のくびれ

placeholder image

心臓と肺を囲む籠(かご)のような形をした胸郭を形成する肋骨は、全部で12本あります。上部の10本の骨は背骨と胸骨につながっていますが、下2本は背骨につながっているだけ、骨の片端は宙に浮いた状態です。
中央の部分は軟骨なので、柔軟性があり息を吸ったときに広がり、吐いた時には縮み、肋骨は動きます。

肋骨が広がると、中央にある胸骨が上り、鎖骨や肩甲骨を持ち上げ、上腕は外へ張り出し、イカリ肩や広い肩幅になってしまいます。

また、バストの形や腰のくびれにも、大きな影響を与えます。

施術例>>




肩幅が広い・いかり肩・猫背・鎖骨がない

placeholder image

「肩のライン」とは図で示す肩甲骨と上腕骨、そして鎖骨が作る 肩甲上腕関節の位置で決まります

この関節の周りには 腕を動かすための関節がいくつもあり、 鎖骨と肩甲骨で作られる「肩鎖関節」、 鎖骨と胸骨で作られる「胸鎖関節」などがあります。

『にの整体の肋骨矯正』の施術では、これらの関節を調節ことにより、肩のラインを改善いたします。

施術例>>




タレ乳・左右差・離れている・大きさの悩み

placeholder image
乳房をきれいな丸い形に保つのに重要な役割をもっているのが、ご存じ"クーパー靭帯"。placeholder image女性ホルモンの活性や乳腺の細胞や水分が増えれば、乳房の内容量が増えます。
クーパー靭帯は一本一本が独立して存在するのではなく、網状ですき間を埋めるように存在しています。この膜状の靭帯により乳腺組織や脂肪組織は支えられ、乳房の丸みを作ることができるのです。

『キレイなバストの形』をつくるのは、ブラジャーや補正下着でもありません!
カラダの中を流れる血液やリンパ液、女性ホルモンのバランスであり、筋肉と脂肪です。

カラダの中を流れる血液やリンパ液の循環をよくすることで乳腺の細胞や水分が増え、乳房の内容量が増えるのです。
またバストはコラーゲン線維の束であるクーパー靭帯よって支えられています。
ただしこのクーパー靭帯は悲しいかな一度伸びたり切れたりしたら、元の長さに縮んだり、元の状態に復元することはできないので、バストの大きい方はできるだけ早くケアすることが美乳を保つ秘訣です。

『肋骨矯正』に加え、ボディトリートメンの美容オイルによる施術『マンモ・リラクゼーション』で、あなたのバストをプロポーションアップ!!

例えば、バスト73cmAカップの方が、肋骨を引き締め乳腺組織や脂肪組織を刺激することで、乳房の丸みを作る。BカップだけでなくCカップへの期待大!

例えば、バストの大きい方は、クーパー靭帯も結合組織のひとつなので、加齢とともに、伸び、損傷を受け伸びてしまうことが、バストの"下垂"の一因。からだの組織は血流によって酸素や栄養を与えられ、老廃物を取り除かれます。血流をよくするためのマッサージはバストに血管が多くあることを考えれば美乳を保つ(維持する)ためには必然です。

施術例&案内>>








予約 TEL LINE MAIL